ASAHI TOWN MUSEUM OF HISTORY 朝日町歴史博物館

DEGITAL MUSEUM collection of asahi town museum of history

  • 008_001.jpg

詳細データ

天神萬古 桜銀杏青紅葉文白磁手焙

カテゴリー
工芸 
郷土の偉人・文化
萬古焼 
年 代 明治末?大正
法 量(cm) 高:21.4、口径:16.6
数 量 1口
種 別 工芸

解 説

天神萬古は、苗代神社の神官を務める後藤家13代目秀信がはじめた萬古焼。天神山付近の赤土・白土を使って茶器などを作り、乳白色の釉薬を特徴としている。本作品は、鮮やかな乳白色や体部の桜・黄色い銀杏・青紅葉が、天神萬古の作風をよくあらわしている。

  

参考資料