ASAHI TOWN MUSEUM OF HISTORY 朝日町歴史博物館

DEGITAL MUSEUM collection of asahi town museum of history

  • 023_001.jpg

詳細データ

萩鶉図

カテゴリー
絵画 
郷土の偉人・文化
日本画家 栗田真秀・水谷立仙 
作 者 栗田真秀
年 代 昭和15年(1940)
法 量(cm) 縦:110.9、横:42.2
数 量 1幅
種 別 絵画
形 状 軸装

解 説

小さな花をたくさんつけた萩と二匹の鶉が描かれ、鶉は真秀の得意な図柄として知られている。丸みのある小さな体に、赤茶色や黒のまだら模様があり、短い尾をしている。落款は左上に朱文方印「賜號全眞」、左下に「法橋 真秀繪」と署名し、朱文方印「真秀之印」を捺す。箱書き「昭和十五庚辰年初春 真秀識」から、昭和15年(1940)真秀69歳の作品。