ASAHI TOWN MUSEUM OF HISTORY 朝日町歴史博物館

DEGITAL MUSEUM collection of asahi town museum of history

  • 040_001.jpg

詳細データ

寒念仏図

カテゴリー
絵画 
郷土の偉人・文化
日本画家 栗田真秀・水谷立仙 
作 者 水谷立仙
法 量(cm) 縦:106.0、横:31.0
数 量 1幅
種 別 絵画
形 状 軸装

解 説

寒念仏は、僧が寒さの厳しい時期の30日間、山野に出て声高く念仏を唱えることをいう。のちに、俗人が冬の寒い夜に鉦をうちたたいてお寺や家々の門前、付近の土地を巡り歩いて念仏を唱えるようになった。「お多福図」と作風が似ることから、文字絵が隠れているものと推測される。落款は右下に「立仙」と署名し、白文方印「立仙」を捺す。