ASAHI TOWN MUSEUM OF HISTORY 朝日町歴史博物館

DEGITAL MUSEUM collection of asahi town museum of history

  • 294_001.jpg

詳細データ

守部長歌「春の七草」詠草

カテゴリー
書跡 
郷土の偉人・文化
橘守部 
作 者 橘守部
法 量(cm) 縦38.4㎝、横51.7㎝
数 量 1幅
種 別 書跡
形 状 軸装

解 説

明治15年(1882)に、春の七草を詠んだ守部の長歌を東世子が書き写した懐紙。守部は美しさを鑑賞する花として独自に七草を選び、山吹と小萩、藤と葛、小菜葱と尾花、壷すみれと女郎花、薺と撫子、杜若と藤袴、鈴菜と朝顔のように秋の七草と対比させた上で、秋の七草の美しさに劣るものではないと結んでいる。橘家旧蔵資料。