ASAHI TOWN MUSEUM OF HISTORY 朝日町歴史博物館

DEGITAL MUSEUM collection of asahi town museum of history

  • 393_001.jpg
  • 393_002.jpg
  • 393_003.jpg
  • 393_004.jpg
  • 393_005.jpg
  • 393_006.jpg
  • 393_007.jpg
  • 393_008.jpg
  • 393_009.jpg
  • 393_010.jpg
  • 393_011.jpg
  • 393_012.jpg
  • 393_013.jpg
  • 393_014.jpg
  • 393_015.jpg
  • 393_016.jpg
  • 393_017.jpg
  • 393_018.jpg
  • 393_019.jpg
  • 393_020.jpg
  • 393_021.jpg
  • 393_022.jpg
  • 393_023.jpg
  • 393_024.jpg
  • 393_025.jpg

詳細データ

二十番歌合

カテゴリー
歴史資料 
郷土の偉人・文化
法 量(cm) 縦:26.7、横:19.5
数 量 1冊
形 状 竪帳

解 説

東久世通禧、津軽承昭、松浦詮、諏訪忠元、松浦益子、江刺恒久、久我建通、小杉椙村、加藤安彦、橘道守ら20人が左右に分かれて行った歌合。判者は三田葆光が務めている。詠題は「初秋虫」と「海辺月」。橘道守は初秋虫の題で「この夕へ露おきそめし浅ち原 ほそくも虫の声立てにけり」と詠んでいるが、判者の三田は二の句を「おきそむる」とするべきであると指摘している。『橘道守歌集』では三田の指摘どおり修正されている。