ASAHI TOWN MUSEUM OF HISTORY 朝日町歴史博物館

DEGITAL MUSEUM collection of asahi town museum of history

  • 220_001.jpg

詳細データ

有節萬古 棟端飾瓦

カテゴリー
工芸 
郷土の偉人・文化
萬古焼 
作 者 森有節(初代)
年 代 安政5年(1858)
法 量(cm) 長径:20.6、厚::2.7
数 量 1枚

解 説

この作品は、森有節家の屋根に使用されていた鬼瓦。家紋を模ったもので、全体に黄色の釉薬がかかる。裏に「安政五戊午秋造之 勢陽陶家 有節」とヘラ書きされ、印銘は隅入方形枠の「萬古有節」印を捺す。