ASAHI TOWN MUSEUM OF HISTORY 朝日町歴史博物館

DEGITAL MUSEUM collection of asahi town museum of history

  • 011_001.jpg

詳細データ

古萬古 色絵瓢形仙盞瓶

カテゴリー
工芸 
郷土の偉人・文化
萬古焼 
年 代 江戸時代中期
法 量(cm) 高:17.9、口径:3.9、胴径:10.0
数 量 1口
種 別 工芸

解 説

口縁から頚部にかけて縞文が巡り、胴部には格子文で埋め、丸文や塔のような建物を描いた窓枠とその周りに草花や鹿を描く。点文が胴部だけでなく、注口や取っ手など至る所に使われている。瓢箪形をした仙盞瓶は珍しいが、同種のものは文様構成が共通しているものも多くある。

  

参考資料