ASAHI TOWN MUSEUM OF HISTORY 朝日町歴史博物館

DEGITAL MUSEUM collection of asahi town museum of history

  • 031_001.jpg

詳細データ

聖徳太子御像

カテゴリー
絵画 
郷土の偉人・文化
日本画家 栗田真秀・水谷立仙 
年 代 昭和7年(1932)
法 量(cm) 縦:109.0、横:41.0
数 量 1幅
種 別 絵画
形 状 軸装

解 説

聖徳太子が16歳のときの姿を描いた仏画の一種。父・用明天皇の病気治癒を祈り、髪をみずらに結い袈裟をつけ柄香炉を持って立つ姿は「聖徳太子孝養像」とも呼ばれる。立仙の作品には仏画が多くあり、注文の多い画題の一つだったと考えられる。落款は欠いているが、箱書き「聖徳太子御像 昭和七年十二月 水谷尚仙」から昭和7年(1932)立仙50歳の作品。