ASAHI TOWN MUSEUM OF HISTORY 朝日町歴史博物館

DEGITAL MUSEUM collection of asahi town museum of history

  • 069_001.jpg

詳細データ

御請申一札之事

カテゴリー
書跡 
郷土の偉人・文化
橘守部 
作 者 本所柳島町 請人 卯之八 同 人主 新兵衛
年 代 嘉永6丑年(1853)3月
法 量(cm) 32.6×47.5
数 量 1幅
種 別 書跡
形 状 軸装

解 説

橘家に「甚蔵」という奉公人を雇ったときに、その身分を保証するために書かれた請状である。現代風に言えば、「身元引受け証」と「雇用契約書」の役割をもつ文書。江戸時代には、こうした文書をもって奉公人を雇うことが一般的であった。ここには、出生地、雇用期間、給金が示され、次に、公儀の法を守ること、雇い主の家法・家風に従って働くことが明記される。その中でも特に大切だったのがキリシタンではないという証明で、本人は「天台宗の信者」「常照寺が旦那寺」であると書かれているのに注目したい。なお、「橘元輔」は「橘冬照」の別称である。