ASAHI TOWN MUSEUM OF HISTORY 朝日町歴史博物館

DEGITAL MUSEUM collection of asahi town museum of history

  • 261_001.jpg

詳細データ

有節萬古使用 酒器木型(「千秋」陰刻)

カテゴリー
民俗 
郷土の偉人・文化
萬古焼 
法 量(cm) 高18.4cm、胴径6.3cm
数 量 1組
種 別 有節萬古製作道具
形 状 型資料

解 説

森家に伝来した酒器(徳利)の木型。一つの木材を削り出して造られる。この型で胴部を形作った後、口縁部や底部を成形したと考えられる。本資料には、粘土から型をとり外しやすいよう巻かれた和紙がそのままの状態で残されている。脚の底部に「千秋」の陰刻がみられることから、森有節の弟・千秋の作である可能性が考えられる。