ASAHI TOWN MUSEUM OF HISTORY 朝日町歴史博物館

DEGITAL MUSEUM collection of asahi town museum of history

  • 263_001.jpg

詳細データ

有節萬古使用 急須木型

カテゴリー
民俗 
郷土の偉人・文化
萬古焼 
法 量(cm) 高19.3cm、胴径9.0cm
数 量 1組
種 別 有節萬古製作道具
形 状 型資料

解 説

森家に伝来した型資料の一つで、器高が低く平たい急須を製作するための木型。「文久二戌」の陰刻から、文久2年(1862)の作とみられる。軸と六つの部材から成り、二つの留め具が付属する。胴部に陰刻された龍の顔は、現在確認されている木型の中で唯一の左向きである(成品では右向きの龍が急須内面に浮かび上がる)。軸には紀年銘のほかに「平形」と陰刻される。