ASAHI TOWN MUSEUM OF HISTORY 朝日町歴史博物館

DEGITAL MUSEUM collection of asahi town museum of history

  • 276_001.jpg

詳細データ

「金戸田之」詠草

カテゴリー
書跡 
郷土の偉人・文化
橘守部 
作 者 橘守部
法 量(cm) 縦103.8㎝、横32.0㎝
数 量 1幅
種 別 書跡
形 状 軸装

解 説

千町田(ひろい田)の稲穂がそろって一つの方向になびくように、一つの村が帝になびくと日本国中がなびくようになる、と詠んでいる。守部は、国学者の立場から国中が尊皇の気持ちを持ってほしいとの願いをこめてこの一首を作った。尊皇と佐幕という二つの思想が対立する中で、多くの国学者は尊皇の立場に立った。