ASAHI TOWN MUSEUM OF HISTORY 朝日町歴史博物館

DEGITAL MUSEUM collection of asahi town museum of history

  • 284_001.jpg

詳細データ

焚楓葉温酒之図

カテゴリー
絵画 
郷土の偉人・文化
日本画家 栗田真秀・水谷立仙 
作 者 栗田真秀
法 量(cm) 縦106.2㎝、横42.1㎝
数 量 1幅
種 別 絵画
形 状 軸装

解 説

白居易(白楽天)の漢詩「林間煖酒焼紅葉(林の中で紅葉を焼いて酒をあたため、秋の風情を楽しむ)」を題材に描かれた作品。白居易(772~846)は、中国、唐の代表的詩人の一人。その詩は流麗で平易であり、日本の平安期の文学にも多大な影響を与えた。落款は、右下に「眞秀」と署名し、朱文方印「賜號全眞」周り白文の文様・白文方印「田印眞秀」印が捺されている。