ASAHI TOWN MUSEUM OF HISTORY 朝日町歴史博物館

DEGITAL MUSEUM collection of asahi town museum of history

  • 296_001.jpg

詳細データ

「福禄寿」詠草

カテゴリー
書跡 
郷土の偉人・文化
橘守部 
作 者 橘東世子
法 量(cm) 縦110.2㎝、横30.8㎝
数 量 1幅
種 別 書跡
形 状 軸装

解 説

歌意は「福・禄・寿の1つでもこの世ではなかなか得がたいのに、三つの宝ともいうべき幸運をここに集めたことだ」である。明治15年(1882)、東世子77歳の作品である。同年東世子は没していることから晩年の作品である。明治16年9月25日の小中村清矩日記には「橘道守より郵書。来月十二日母とせ子一周の哥求」とあり、また明治27年10月5日には「橘とせ子十三回夕時雨哥、道守へ郵送」と記されており、没後に追悼の歌会が行われていたことが分かる。橘家旧蔵資料。