ASAHI TOWN MUSEUM OF HISTORY 朝日町歴史博物館

DEGITAL MUSEUM collection of asahi town museum of history

  • 317_001.jpg
  • 317_002.jpg
  • 317_003.jpg
  • 317_004.jpg
  • 317_005.jpg
  • 317_006.jpg
  • 317_007.jpg
  • 317_008.jpg
  • 317_009.jpg
  • 317_010.jpg
  • 317_011.jpg
  • 317_012.jpg
  • 317_013.jpg
  • 317_014.jpg
  • 317_015.jpg
  • 317_016.jpg
  • 317_017.jpg
  • 317_018.jpg
  • 317_019.jpg
  • 317_020.jpg
  • 317_021.jpg
  • 317_022.jpg
  • 317_023.jpg
  • 317_024.jpg
  • 317_025.jpg
  • 317_026.jpg
  • 317_027.jpg
  • 317_028.jpg
  • 317_029.jpg
  • 317_030.jpg
  • 317_031.jpg
  • 317_032.jpg
  • 317_033.jpg
  • 317_034.jpg

詳細データ

「窯焼日記」

カテゴリー
歴史資料 
郷土の偉人・文化
萬古焼 
数 量 1冊
種 別 歴史資料

解 説

慶応元年(1865)から明治19年(1886)までの有節萬古の焼成に関わる記録。内容は上絵付けに用いた錦窯の焼成記録と見られる。慶応4年(1868)には1月17日から6月2日までの間、計38日間焼成を行い、6月2日から7月20日までの間は記録が途絶える。この間は登窯での本焼きの準備や焼成を行ったものと推測される。7月20日より再度錦窯の焼成が始まり、12月17日までに32回、年間計70日間焼成を行ったことが確認できる。