ASAHI TOWN MUSEUM OF HISTORY 朝日町歴史博物館

DEGITAL MUSEUM collection of asahi town museum of history

  • 153_001.jpg

詳細データ

有節萬古 松文瓶掛

カテゴリー
工芸 
郷土の偉人・文化
萬古焼 
作 者 森有節作(初代)
法 量(cm) 高:24.1、口径:37.7
数 量 1口
種 別 工芸

解 説

本作品は、古萬古を写した瓶掛。胴部に鉄釉で松を描いていている。「写し物」を作ることは、他の陶磁器の特徴を学ぶことができ、技術の向上につながるため有節萬古においても多くの写し物の作品が残っている。印銘は、胴部下半に「萬古写」の墨書、円形枠の「日本有節」・方形枠の「萬古不易」印を捺す。