ASAHI TOWN MUSEUM OF HISTORY 朝日町歴史博物館

DEGITAL MUSEUM collection of asahi town museum of history

  • 156_001.jpg

詳細データ

縄生廃寺出土 舎利容器

カテゴリー
考古資料 
郷土の偉人・文化
縄生廃寺 
指定文化財・登録文化財
年 代 飛鳥時代
法 量(cm) (内容器)現存高:2.3、(外容器)高:10.6、(唐三彩碗)高:3.7、口径:9.8
数 量 一括
種 別 考古資料

解 説

国指定重要文化財。国保有。塔跡心礎中心の舎利穴内に安置されていた。本舎利容器は、鉛ガラス製の内容器が滑石製の外容器に納められ、被覆容器として唐三彩碗を伴っている。心礎堀形内には心柱痕跡が明瞭に残り、心柱を抜き取った跡や「舎利」を再埋納した痕跡が全く認められないことから、縄生廃寺塔造営当初のものと判断できる。出土瓦の年代などから、7世紀末から8世紀初め頃に納置されたものである。唐三彩は、日本出土のとして最も古い違例の一つである。