ASAHI TOWN MUSEUM OF HISTORY 朝日町歴史博物館

DEGITAL MUSEUM collection of asahi town museum of history

  • 162_001.jpg

詳細データ

有節萬古 黒楽茶碗

カテゴリー
工芸 
郷土の偉人・文化
萬古焼 
作 者 森有節作(初代)
法 量(cm) 高:8.0、口径:11.9、高台径:5.1
数 量 1口
種 別 工芸

解 説

本作品は、楽焼を写した茶碗。手捏ねにより成形され、全体に黒釉が施されている。楽焼は、手捏ね成形を主とする楽家歴代の作品のことで、江戸後期には、京都の諸窯や各地の窯で楽家の作品と同質の陶器が焼かれた。印銘は、高台脇に円形枠の「有節」印を捺す。