ASAHI TOWN MUSEUM OF HISTORY 朝日町歴史博物館

DEGITAL MUSEUM collection of asahi town museum of history

  • 191_001.jpg

詳細データ

短冊「俳論の闌に今も薄暑哉」

カテゴリー
書跡 
郷土の偉人・文化
俳人 中村古松 
作 者 大島宝水
法 量(cm) 縦:36.3、横:6.0
数 量 1葉
種 別 書跡
形 状 短冊

解 説

大島宝水(1880?1971、東京生れ、本名貞吉)は、明治末から大正期に活躍した俳人。岡野知十に師事し、俳誌『半面』に参加、後には編集人となる。