ASAHI TOWN MUSEUM OF HISTORY 朝日町歴史博物館

DEGITAL MUSEUM collection of asahi town museum of history

  • 200_001.jpg
  • 200_002.jpg
  • 200_003.jpg

詳細データ

胴部木型

カテゴリー
工芸 民俗 
郷土の偉人・文化
萬古焼 
法 量(cm) 高:21.8、胴部径:11.7、底径:11.7
数 量 1組
種 別 有節萬古製作道具
形 状 型資料

解 説

袋物の胴部を製作するための木型。五つの部材を組み合わせて使用する。各部材は蟻継ぎによって組み合った状態で固定できるようになっている。急須木型と同じく、粘土を貼り付けた後に軸となる部材を抜き出すと、組み合わさった全ての部材が上部から取り出せる仕組みとなっている。軸やそれぞれの部材の胴部や底部には、組み合わせる位置を示す目印として刻書や墨書が施されている。