ASAHI TOWN MUSEUM OF HISTORY 朝日町歴史博物館

DEGITAL MUSEUM collection of asahi town museum of history

  • 216_001.jpg

詳細データ

天神萬古 七福神煎茶器

カテゴリー
工芸 
郷土の偉人・文化
萬古焼 
作 者 後藤隆政
年 代 明治末?大正
法 量(cm) (急須)高:7.4、口径:6.2、底径:5.4、(湯冷)高:4.2、口径:9.4、(碗)高:4.8、口径6.9、底径:3.7
数 量 1揃

解 説

天神萬古は、苗代神社の神官を勤める後藤家13代目秀信がはじめたやきもの。天神山付近の赤土・白土を使って茶器などを作り、乳白色の釉薬を特徴とする。この作品は、急須・湯冷・碗の煎茶器一式。ロクロ成形後、内面に乳白色の釉薬を掛け、外面に七福神を描く。印銘は、急須体部と碗底部に楕円形枠の「萬古」印を捺す。